小さな幸せ日記

日々の暮らしが豊かになるように...

女の大敵!むくみ

むくみとは、体の細胞内に水分が溜まっている状態。体内の血流循環が悪くなると、水分が溜まってむくみやすくなります。

 

血液循環とリンパ液の停滞

 

むくみの原因でよく挙げられるのが『血行不良』『リンパ液の停滞』

静脈には余計な水分や老廃物を回収し、排出する働きがあるのですが、静脈の流れが悪くなると正常に働かずむくみの原因になります。

リンパ液にも静脈と同じように水分や老廃物を体外へ排出する役割があります。よってリンパ液の流れが滞ってしまうと体内に余計なものか蓄積されむくみとなるのです。

 

 

原因

 

  • 運動不足

リンパ液はリンパ管のまわりにある筋肉が動いた時に、その動きに乗って流れます。なので運動不足で筋肉をあまり動かさないと、リンパ液が流れなくなりむくみの原因に。

一日中同じような姿勢で作業する人がむくみやすいのはこのような理由💡

 

  • アルコール摂取

アルコールを摂取すると、血液内の水分が血管の外に出て、その水分がむくみの原因になるのですが、血中の水分量が減ると「脱水症状だ!」と脳が勘違いし、

喉が渇き水分(お酒)を飲む→血液から水分が出る→お酒を飲むの悪循環

 

  • 体の冷え

体が冷えると血行が悪くなり、筋肉も固くなります。上記により血行不良、リンパ液の停滞に繋がりむくみやすくなるので体を温める事が大切

f:id:yello_bird:20190811162646j:image

むくみに効く7つの栄養成分

 

1 カリウム

体内の塩分量を調整し、余分な水分を排出してくれます。

一般的に野菜やフルーツの含有量が高く、アボガド、パセリ…今の時期だととうもろこし、キュウリなどのウリ科

 

2 クエン酸 

肝臓で脂肪の代謝を高め、老廃物を分解・排出してくれます。

レモン、グレープフルーツといったクエン酸を多く含む柑橘類には血行を良くするビタミンCも含まれているのでむくみ対策にオススメ!!

 

3 ビタミンE

尿中のナトリウム(塩分)を増加させ排出する働きと老化を抑制する抗酸化作用、身体の末端にある末梢血管を拡張する作用もあるので冷え性の人も積極的に摂取したい成分です。

ちなみにアボガド、アーモンド、うなぎの蒲焼などに多く含まれてます!

 

4 サポニン

利尿作用があり、体内の水分調節をしてくれます。

ごぼう、小豆、にんにくなどに多く含まれています!

 

5 ポリフェノール

ポリフェノールに含まれる抗酸化作用は血中の抗酸化脂質を予防、血液の凝固をを防ぐ作用があります。つまり血行が良くなり、老廃物を効率的に排出してくれます。

多く含まれる食品は赤ワイン、ブルーベリー、カカオなどです。

 

6 ビタミンB1

糖をエネルギーに変え、蓄積を防いで中性脂肪を減らす手助けをしてくれます。疲労回復効果もあり、不足すると食欲がない。疲れやすい。など夏バテのような症状が…

これからの時期はしっかり摂っておきたいですね!

 

7 ビタミンB6

血液をサラサラにするほか、ホルモンバランスも整えてくれます。女性によくある生理前のむくみにも効果があるとされてます。

 多く含まれる食品は鶏むね肉、カツオ、大豆、バナナなどです。

 

 まとめ

 

むくみやすい食べ物はズバリ"塩分の高いもの"

脳が体内の塩分濃度を下げようと水分を取り込み溜まってむくみに繋がります。

味の濃い食事、塩分の多いスナック菓子などの間食を減らし、適度な運動とバランスのとれた食事が大切!!

季節の野菜を食べることをオススメします。